トップページ献血をしよう > 献血いただく前にご確認ください

献血をしよう

献血いただく前にご確認ください

1.献血カード・献血手帳のご確認

献血カードをお持ちの方は、次回献血可能日をご確認ください。
献血手帳の場合は、前回献血日・年間献血回数・年間総献血量を確認してください。

献血カード

2.献血条件や献血前後の注意事項などのご確認

下記の情報をご確認ください。

3.薬の服用と献血をお願いできない期間のご確認

1.当日服用してよいもの
漢方薬、ビタミン剤、ミネラル剤、健胃剤、整腸剤などの保健薬、高尿酸血症治療薬(一部除く)、花粉症剤(ステロイド剤を含む場合は除く)、高血圧治療薬※、更年期障害治療剤、緩下剤、高脂血症治療薬(エパデールと類似薬、レパーサを除く)、他

※高血圧治療薬については、血圧が正常域にコントロールされ、心、腎、血管系に合併症がない場合は献血可能です。ただし、服用開始直後や、服用量を変更した直後は、ご遠慮いただくことがあります。

2.当日服用してはいけないもの
睡眠薬、鎮静剤、他
3.前日までの服用で当日の問診が必要なもの
消炎酵素剤、他
4.服用中止から3日間たっており、当日の問診が必要なもの
風邪薬※、鎮痛剤※、向精神薬、抗菌薬(抗生物質、合成抗菌薬など)、抗真菌薬、抗結核薬、抗ウイルス薬、止痢薬、非ステロイド系抗炎症薬、痛風発作治療薬、喘息治療薬、事後に服用する緊急ピル、他

※症状がない場合や軽い頭痛、生理痛等に頓用した場合は、当日に服用されなければ献血をお願いできます。ただし、血小板成分献血をご希望の場合は、服用後3日間はあけていただかなければいけません。

5.原則として献血をお願いできないもの
糖尿病治療薬(インシュリン、経口血糖降下剤)、狭心症治療薬、抗不整脈薬、抗血栓薬、抗腫瘍薬、他

※皆様の健康(原疾患など)を総合的に医師が判断し、献血をお願いできない場合があります。

4.献血をご遠慮いただく場合があります。

上記の服薬以外にも、

  • 体調不良の方
  • 極度の空腹や睡眠不足の方
  • 当日飲酒をされている方
  • 3日以内に出血を伴う歯科治療を受けた方
  • 切り傷やひっかき傷などの外傷のある方
  • 骨折(人工物を入れた場合は6ヵ月間)が完治されていない方
  • 既往歴や海外渡航歴がある方、など

献血前の問診で、医師の判断により献血をご遠慮いただく場合があります。

※事前のご確認は、大阪府赤十字血液センター医務課06-6962-7044(平日、9:00~17:30)まで。

また、一部は「献血のQ&A」(よくある質問)及び日本赤十字社のホームページ及び「献血をご遠慮いただく場合」で、ご確認いただくことができます。

1~4をご確認いただきましたら、献血へ行きましょう!

  • 献血バス運行予定
  • 大阪府内の献血施設一覧

献血についてのお問い合わせ

下記までご連絡ください。

  • 大阪府赤十字血液センター 渉外課 TEL 06-6962-7654
  • 北大阪赤十字血液センター 渉外課 TEL 072-632-4747(代表)
  • 南大阪赤十字血液センター 渉外課 TEL 072-423-3001(代表)

※9:00~17:30 [ 土曜日、日曜日、祝日、年末年始を除く ]

献血をしよう トップページへ

献血できるところ
献血場所やバスの運行状況を確認していただくことができます。

モバイルサイトのご案内

QRコード 献血場所のご案内や最新イベント情報、献血についての便利な情報を発信しています

けんけつE倶楽部
より安全で安定的な血液の確保を目的に、複数回ご協力いただけるクラブ会員を募集しています。

献血サポーター
献血実施を受け入れていただける事業所や団体を募集しています。

Copyright (C) 2010 Japanese Red Cross Osaka Blood Center All Rights Reserved.