トップページ > 血液センターからのお知らせ

血液センターからのお知らせ

2016年7月 1日
「ジカウイルス感染症」(ジカ熱)に対する安全対策へのご協力のお願い

現在、中南米諸国などでジカウイルス感染症(ジカ熱)が発生しており、海外では、輸血によるジカウイルスの感染事例も報告されています。

日本赤十字社は輸血によるジカウイルスの感染を防止するため、海外帰国(入国)後4週間経過していない方には献血をご遠慮いただいております。

2016(平成28)年7月1日からは、更なる安全対策として、ジカウイルス感染症と診断され、治癒後1カ月間を経過していない方への献血制限を実施することとしましたので、みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。


1 安全対策の実施内容

ジカウイルスの体内での潜伏期間を考慮し、以下のいずれかの条件に該当する方は、献血をご遠慮いただくようお願いいたします。

(1)海外から帰国(入国)後、4週間経過していない方

(2)ジカウイルス感染症(ジカ熱)と診断され、治癒後1ヵ月間を経過していない方


2 その他

今後、ジカウイルス感染症(ジカ熱)の発生状況により、安全対策の内容を変更する場合があります。


詳細につきましては日本赤十字社HPをご覧ください。

血液センターからのお知らせに戻る

モバイルサイトのご案内

QRコード 献血場所のご案内や最新イベント情報、献血についての便利な情報を発信しています

けんけつE倶楽部
より安全で安定的な血液の確保を目的に、複数回ご協力いただけるクラブ会員を募集しています。

献血サポーター
献血実施を受け入れていただける事業所や団体を募集しています。

Copyright (C) 2010 Japanese Red Cross Osaka Blood Center All Rights Reserved.